きもの目白桔梗屋のスタッフブログ
プロフィール

きもの目白桔梗屋

Author:きもの目白桔梗屋
東京目白で営む呉服屋です。
天保年間創業 今年で185年。
コツコツと地道に正直に…。
「心が伝わる商い」をモットーに
歩み続けています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

話芸・和芸
《 きもの目白桔梗屋 ホームページはこちらからどうぞ 》

誠に申し訳ありませんが、桔梗屋は8月10日(水)~16日(火)の間
夏季休暇とさせていただきます。
17日(水)より通常営業です。
 (節電のため営業時間を11:00~19:00 に変更しております)




桔梗屋のお客様で、落語の噺家の方が何人かいらっしゃいます。
噺家の方にとってはもちろん、着物は仕事着ですが、
仕事着ゆえ、ポリの洗える着物をお召しになる方も多いと伺っています。
でもそんな中、やはり正絹でなくちゃ背筋がピンとしねぇ!
なのか、勝負服!なのか、まちまちだとは思いますが、
ある意味、ちゃんと正絹を着ている噺家の方、
おこがましいですが 「すばらしい!」 そう思ってしまいます。

「寄席に、本物の落語を見にいらっしゃっているのに
  いや実はポリの着物で…は性分に合わない!」
そうおっしゃいます。

本物ですねぇ。
その心意気をしっかり学ぼうと思います。

ところで、噺家の方の着物はどこが一番汚れるか、
お分かりになりますでしょうか。

噺家の方は高座で、正座で座って両手はひざの上。
これが基本形ですよね。
なので…そう、ひざ、ももの上のところに汗染みができるのです。
これは独特なものですね。
衿や、袖口、裾は一般的ですが、ひざに手のひら大のシミ。
これが一番多いです。
なので、洗いで承る時は必ず、ひざの汗抜きが工程として
入るのです。

話は変わりますが、
その噺家のお客様からチャリティの会があるということですので
ご案内させていただきます。



20110808_1.jpg

認定NPO法人 難民を助ける会 主催 
 チャリティショー 「話芸・和芸」
 「日本の伝統芸能に親しみながら、被災地の方々を応援してください」

というイベントです。
公演の収益は東日本大震災・ハイチ大地震の被災者支援に
充てられるそうです。 

2011年9月7日(水)  PM7:00~
会場:東京オペラシティコンサートホール
出演者:
 《太鼓》 大倉正之助
 《落語》 三遊亭金八
 《落語》 古今亭志ん輔
 《歌舞伎》中村梅玉
 《落語》 三遊亭円楽


詳しくは ⇒ http://www.aarjapan.gr.jp/join/event/2011/0907_653.html 

ぜひ、笑って泣いて? 伝統芸能を存分に楽しんでください!
そして被災地を応援しましょう…。


 

スポンサーサイト
夏季休暇のおしらせ
《 きもの目白桔梗屋 ホームページはこちらからどうぞ 》

桔梗屋では 節電のため営業時間を
11:00~19:00 に変更しております。




日頃は桔梗屋をご愛顧賜り、誠にありがとうございます。

誠に勝手ながら、弊店は

8月10日(水)~16日(火)の間

夏季休業となります。


もし休業中にお急ぎのご用件等ございましたら、

03-3971-6212 までお電話ください。


先週末から夏の暑さ復活ですね。
その前は随分と涼しく、夏らしくない過ごしやすい日が
続きましたが、やっぱりこの暑さが戻ってきてしまった…
そんな感じです。

土曜日(8/6)は神宮の花火大会がありました。
今年も盛況! 復興の願いを込めて打ち上がる
花火はまた特別な催しですね。

日本各地で夏まつりが開催されていますが、
とりわけ東北の夏祭りは、猛々しさや賑わいを感じます。
7月の東北六魂祭もテレビで流れる映像を見ていて
東北人の復興魂の熱さを感じた方も多いはず。

今年は東京近郊の祭りや花火大会は縮小や中止が
相次ぎましたがどうやら、東北の夏祭りは
熱そうです!

東北のお祭りには行けないという方、
今年はぜひ各地の復興花火大会に行きましょう!
いつも通りの日本の夏の風物詩に、
特別な思いを込めて楽しみましょう。

もちろん浴衣でね!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。